写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

写真鑑賞

何必館で「決定的瞬間 アンリ・カルティエ=ブレッソン展」を観てきた

京都の祇園、四条通りには何必館(かひつかん)という外観からも印象的な美術館があります。

岩合光昭写真展「ねこの京都」を観てきました

観てきました「ねこの京都」! 見慣れた京都の風景も、岩合光昭氏の猫写真を通じて見ると、一味違って見えます。 のんびりとした京都がさらにのんびりとして見えるようで面白いですね。 寺院や祇園といったいかにも定番の京都風景だけでなく美山やさらには京…

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017 は次の日曜日5月14日まで

今年も京都のあちらこちらで KYOTOGRAPHIE の赤い旗を見る時期となりましたね。 いくつか見させていただいた中では、嶋臺(しまだい)ギャラリーの Hanne van der Woude「Emmy’s World」がよかったですね。 あと数日なので、時間が取れる方は是非。 www.kyot…

HDR SHOOTER に日本語記事が

私は、最近はスナップ写真つまり Street Photography を中心に力をいれていますが、かつては三脚を立てて写真を撮り、Lightroom でじっくり現像、というのに力を入れていたときもありました、その時期は "HDR SHOOTER" という英語の写真ブログを結構じっくり…

京都の写真ギャラリーまとめ【FUJIKINA2017記念】

私は写真を撮るのと同様に観るのも好きでギャラリーで写真鑑賞することもあります。数は少ないものの京都には幾つか写真を中心に展示しているギャラリーがありますので、同じく写真鑑賞を楽しまれる方のために私が把握しているところを整理して紹介致します…

Fujikina 2017 は京都で開催とのこと

富士フィルムのイベントは Fujikina と呼ばれ次回は来年2017年の新年早々 01/21(土) と 01/22(日) の二日間、京都で行われるのだとか。近くでやってくれるのは嬉しい。なんとか覗きに行く時間を作ろう。 fujifilm-x.com

Kindle Unlimited で CAMERA magazine のバックナンバーを読むのが至福

以前、富士フィルムとパナソニックのカメラに傾倒したのは CAMERA magazine の影響かもという記事を書きました。 photordinary.hatenablog.com 実は CAMERA magazine は元々フィルム専門のカメラ雑誌だったのが、F5.6というデジタルカメラの専門誌と統合した…

独り言:2017年は岩合光昭氏の猫のカレンダーと

皆さん、来年のカレンダーは決められましたか? これまで私はどちらかというと貰い物のカレンダーで済ませる方で、卓上に安価で実用的なものを買うことがあっても、壁掛けカレンダーを自分で買うことはありませんでした。 photordinary.hatenablog.com 写真…

The Photographers3 本日19時〜 BS朝日にて

www.bs-asahi.co.jp 2016/09/23(金) 19:00~ BS朝日にて "The Photographers3" という写真家のドキュメンタリー番組が放送されます。

森山大道氏の写真展『仮想都市(シャングリラ)~増殖する断片(ピース)』を観てきました

8/27(土) から兵庫県立美術館で開催している写真家・森山大道氏の写真展『仮想都市(シャングリラ)~増殖する断片(ピース)』を観てきました。

KYOTOGRAPHIE 2016 より「The Green Train 緑皮車」を観てきました

www.kyotographie.jp 2016/04/23 より 2016/05/22 まで KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016 というイベントが行われ、京都市内の様々な場所で写真展を観ることが出来ます。このイベントでは膨大な数の展示があるので、今年は特に気になっているものだけを観に…

「岩合光昭の世界ネコ歩き」写真展を観てきました

「岩合光昭の世界ネコ歩き」|株式会社クレヴィス 元々、ネコに強い興味がある人間でも無かったので(もちろんキライではなく、カワイイと思いますよ)世間で盛り上がっているなと横目に見つつも岩合さんの猫写真をちゃんと観る機会がこれまでありませんでし…

「雲の上はいつも青空」を読んで

読書をする時間に恵まれたので、それではと、気になっていた写真家・ハービー・山口氏のフォトエッセイ「雲の上はいつも青空」とその二冊目 「雲の上はいつも青空 Scene 2」を立て続けに読みました。 氏の写真を通じての様々な出会いを緻密な文章で綴ったエ…

通行者㉑

XF35mmF2 R WR + X-T10 JR京都伊勢丹で写真展「木村伊兵衛 パリ残像」を見てきました。流石に 60年前ともなると、現代との写真技術的な差異がなかなか大きかったりするのですが、60年の前のパリは魅力的な世界でした。ところであらゆる絵の画角が多分焦点距…

同一写真家の写真展を2つ見てセンサーサイズについて思ったこと

ライカの世界 ~ハービー・山口写真展とライカ100年の歩み~ | 阪急うめだ本店・スタッフブログ イベント情報(LUMIX GX8発売記念 『ハービー・山口写真展』) | パナソニックセンター大阪 | コーポレートショウルーム | Panasonic ハービー山口氏の写真展が…