読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写凡珠

読みは「しゃぼんだま」。スナップ写真や風景写真を公開したり、カメラや写真について考えたことを書き綴ったりします。写真の無断利用にはしかるべき対応をしますのでお控え下さい。

Nikon1 J5 は高い機動力で良い絵を撮らせてくれるカメラ

通り

Nikon1 J5 について キットレンズ画質 と記事を書きましたので最後に使い勝手について簡単に述べて〆ておきたいと思います。

使い勝手のブラッシュアップ

Nikon 1 の J シリーズも J5 で5世代目まで代を重ね、成熟してきました。私が以前使っていたのは歴代機でも特にシンプルな J3 でしたが、比較して「複雑さを増さずにできることを増やす」ように設計されているように思います。特に気に入ったポイントはグリップ部分の膨らみ、モードダイヤルのPASM、タッチAF、液晶のチルト、コマンドダイヤルの追加などです。

タッチやチルトなどは、いまどきのトレンドに乗った形での採用だと思いますが、特にタッチシャッターは Nikon1 の高速AF と相性が良いですね。

 動画については、素人が手軽に撮る分には、フルサイズの D750 より良いですね。(映像作品を撮るなら話は別だと思います。)AFのモーター音がほとんどしない、像面位相差を積んでるのでAFがウォブリングで行き来することが殆ど無い、などです。家族の動画は J5 で撮っています。単焦点レンズの絞り開放でも AF-F + 顔画像認識でピントを継続して合わせてくれます。

Nikon1 のシステム自体はこれまでもコンパクトさとAFの速さを売りにしていましたが、使いやすさに磨きが掛かったことで常に手元においておきたいカメラになりました。

Nikon1 J5 まとめ

総合するとコンパクトさと高速AFによる高い機動力で良い絵を撮らせてくれるカメラですので、この言葉にピンと来た方は Nikon1 J5 を是非おすすめします。

以上、素人がとりとめもなく書き散らかした感が残りましたので、自分が参考になったと感じた Nikon1 J5 の記事を幾つか紹介して終わろうと思います。

camera.itmedia.co.jp

kakaku.com

photo.yodobashi.com

マップカメラ | KASYAPA | 287:いつでも写真を撮りたくなるカメラ『Nikon Nikon1 J5』 | Nikon