読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写凡珠

読みは「しゃぼんだま」。スナップ写真や風景写真を公開したり、カメラや写真について考えたことを書き綴ったりします。写真の無断利用にはしかるべき対応をしますのでお控え下さい。

鬼の陰影

Nikon1 J5 スナップ 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6 写真エッセイ カメラ機材 人工物

鬼の陰影①

鬼の陰影②

鬼の陰影③

Nikon1 J5 + 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

望遠ズームで切り取ってみました。たしか望遠端近くだったので換算で 300mm ぐらいでしょうか?やっぱりレンズ交換出来ないと写真は面白くないですよ。

シャドウを滑らかに見せたかったので NX-D でピクチャーコントロールフラットを指定して現像しています。

おそらくこの辺りが Nikon1 J5 のダイナミックレンジの限界ですが、十分なレベルですね。FX の D750 だとダイナミックレンジがありすぎて現像でシャドウを起こすと見えなかった物が見えてきたりします。明暗差の激しい朝夕の絶景を狙うなら FX は必須でしょうね(あとナノクリレンズも…)。あと複数枚合成しなくても HDR 的な現像が出来たりとか。そういうレベルを求めず撮影時の露出を適切に行なえるなら CX でも実用レベルのダイナミックレンジはありますね。Dxomark ではダイナミックレンジに関しては J5 (12) は 5D3 (11.7)よりスコアが高い様ですし。

じゃあ絶景を狙わない人、アート作品を撮らない人に FX の D750 は必要かと聞かれたら、私の場合、別のユースケースで必須だったりします。その辺りは別の記事で。