読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写凡珠

読みは「しゃぼんだま」。スナップ写真や風景写真を公開したり、カメラや写真について考えたことを書き綴ったりします。写真の無断利用にはしかるべき対応をしますのでお控え下さい。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS と X-T10 を入手

Nikon1 のボディとレンズ一式を手放して得られた資金で、マイクロフォーサーズの標準ズームレンズでもどうかといろいろ見ていました。高額なF値2.8通しズームと、コンパクトで暗いズームの大きく2つの路線に分かれる様子。

どちらの路線もこれだ!という感じのものが見つからなかったので、どうしようかと案じていたところ、Xマウントのキットレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS が何気に明るくて手ぶれ補正も付いていてそこそこコンパクトで、と気になり始めました。さらに、これまで大きいと思っていたフジの X シリーズですが X-T10 だと GX7 とサイズがほとんど変わりません。上記のキットレンズが付くパッケージもあるし…フィルムシミュレーションも気になるし…ということでとうとうニコン機、パナ機に次いで富士フィルム機もデビューしてしまいました。

AF 速度と使い勝手にはやや難がありますが、出てくる絵、特に色はとても良いです。こいつでも写凡玉を撮りまくろうと思います。

もっと知りたいFUJIFILM X-T10 撮影スタイルBOOK

もっと知りたいFUJIFILM X-T10 撮影スタイルBOOK