読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写凡珠

読みは「しゃぼんだま」。スナップ写真や風景写真を公開したり、カメラや写真について考えたことを書き綴ったりします。写真の無断利用にはしかるべき対応をしますのでお控え下さい。

フルサイズを卒業しました

カメラ機材 写真エッセイ

もしかしたら卒業じゃなくて退学かもしれないですが。

D750 と FX レンズ群を手放しました。

かつては D750 片手に早朝、夕景の時間帯を狙って景勝地に毎週風景写真を撮りに行っていた時期もあったのですが、家庭環境の変化でそのような時間を取るのがほぼ不可能になりました。代わりにスキマ時間のお散歩スナップ写真で写欲を満たすようになり、実はそれが写凡珠の始まりだったりします。

自分の主な撮影スタイルが風景写真撮影からお散歩スナップ写真撮影に移ったことでカメラやレンズのサイズが無視できなくなりました。

多数のカメラマンが集まる景勝地や撮影会ならカメラやレンズはむしろ大きい方がいいかもしれないぐらいなのですが、街角でふと気になった風景、瞬間を撮影する場合は、カメラが大きいと外から見て違和感を与えてしまいます。カメラを取り出したり、シャッターを切るのが憚られて、撮影の機会を逃すこともあります。自然と持ち出すのは小さいカメラばかりになりました。

D750 を撮影に持ち出せない日々が続き、どうせ使わないなら値が落ちない内にということで一通り手放してしまいました。

今でもかつて撮った写真を見返すとフルサイズとニッコールレンズ群が織りなす圧倒的な美しさを発見できるので極めて!極めて!極めて!惜しくはあるのですが。。。

今でも AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR とファインダー越しに覗いた明石海峡大橋の像が思い出されます…

美しい一枚を求めて探求することの素晴らしさを教えてくれたのはこのカメラだったと思います。よいカメラでした。

photordinary.hatenablog.com

photordinary.hatenablog.com

 

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

 

 

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

 

 じゃあ、フルサイズのミラーレスにしたら?という声もありそうですが、ミラーレスのフルサイズ機がレフ機より軽くて小さいのは、一部のレンズと組み合わせた時に限るんですよね。。いろんなレンズを使いたい私の場合はそれだと困ります。。。

petapixel.com

スナップ写真を第一に撮ってる間は、そしてカメラの世界に技術革新(テレセントリック性を求めないセンサー技術)がない限りは、APS-Cフォーサーズのセンサーのシステムを組むことになりそうです。