読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写凡珠

読みは「しゃぼんだま」。スナップ写真や風景写真を公開したり、カメラや写真について考えたことを書き綴ったりします。写真の無断利用にはしかるべき対応をしますのでお控え下さい。

カメラ独り言:EOS M5 の噂から勝手に妄想を広げる

独り言

digicame-info.com

キヤノンが EOS M5 を近く発表するという噂があり、そのセンサーがどうも EOS 80D と同じ、デュアルピクセルCMOSらしいです。ということは像面位相差 AF が利用可能で、少なくとも一般的にミラーレスカメラの弱点と言われる AF 速度については特に問題がなく、むしろ十分な性能があるといえそう。

もう一点気になるのは「動画」の「5軸電子式手ブレ補正」というところです。実は動画だけでなくて、静止画にも適用可能なボディ側手ブレ補正ということだったりすると、APS-C のミラーレス機では初のボディ側手ブレ補正搭載機ということになって、AF高速でボディ側手ぶれ補正もあり、サイズもそこそこコンパクト、で、セールスポイントの塊みたいなカメラになってしまいます。とってもEF-Mレンズはまだまだ少ないので、それだけで首位に躍り出るということはないでしょうが。

自分は富士フィルムのカメラ/レンズのこの個性がパナソニックにあったらいいのに、あるいはパナソニックのカメラ/レンズのこの個性が富士フィルムにあったらいいのに、みたいな妄想を毎日している人間なのですが、EOS M5 がボディ側手ブレ補正付き APS-C 機でさらにパナソニック並に小型で優秀だったり富士フィルム並みに細い線を捉えるレンズ群も揃ってしまっちゃったりしたら、絶対乗り換えるだろうなあ…とか妄想にさらに妄想を重ねるのでした。

本命はニコンなのですが、ニコンが密かに開発しているのは APS-C ではなくてフルサイズのミラーレスという噂なので、コンパクトにならないだろうし…

と、完全にカメラオタクのたわごとでした…