読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写凡珠

読みは「しゃぼんだま」。スナップ写真や風景写真を公開したり、カメラや写真について考えたことを書き綴ったりします。写真の無断利用にはしかるべき対応をしますのでお控え下さい。

ExifTool を使って Mac でデジカメ写真を SD カードから取り込むスクリプトを更新

photordinary.hatenablog.com

で書いたスクリプトをアップデートしました。

といっても大した変更は無くて、Yes/No の確認と、データ消去機能を省いて、シンプルにしました。SDカードのDCIM下のデータ(JPEG/RAW/動画)を読み込んでコピーした後、SDカードをアンマウントします。

 

#!/bin/bash

dst=~/Pictures/Photos

for volume in /Volumes/*
do
  dcim="$volume/DCIM"
  if [ -d "$dcim" ] ; then
    echo "$dcim にある画像ファイルを $dst に取り込みます"
    exiftool -o . -v '-Filename<DateTimeOriginal' -d $dst/%Y-%m-%d/%Y-%m-%d_%H-%M-%S%%-c.%%e -r "$dcim"
    echo "$volume を取り外します"
    diskutil unmount "$volume"
  fi
done

Mac にマウントされた SD カードが DCIM フォルダを持つ場合にその中身を ExifTool を使って読み取り ~/Pictures/Photos/ 以下に日付フォルダを作成して、撮影日のファイル名で保存してくれます。

上のスクリプトは自己責任でお使い下さい。当ブログは本スクリプトを使うことで被るあらゆる問題について責任を追いません。

Mac の ExifTool は別途導入ください。

 

Practical ExifTool (English Edition)

Practical ExifTool (English Edition)