写凡珠

ニコン Z 7II で京都を撮っています。しゃぼんだま、と読みます。

写珠報 Vol.2 2021/09/16

隔週でお届けする写真やカメラについて個人的に気になったニュースのまとめです。9月はニュースが多いですね。

写真の部

Critical Mass 2021 Top 50 | Photolucida

www.photolucida.org

アメリカのアート写真のコンペ?「Critical Mass」の 2021 年のトップ50が発表されました。Artist Statement を右クリックで和訳して写真と照らし合わせながら読むと、ステートメントってこういう事書くのね、と分かります。日本の方は伊東慧さん、木戸孝子さん、塩原真澄さん、筑城俊さんの4名がいらっしゃいました。

塩原真澄さんの Lensculture の記事

www.lensculture.com

Critical Mass の Top 50 にも含まれていた塩原真澄さんの Lensculture のインタビュー。

長野で果物を育てていて、その写真を撮っているのだとか。自分で新種のブドウを作ってたりするそうです。強い。

国境に阻まれる鳥

petapixel.com

Best Bird Photo of 2021 の受賞作の一つは「国境に阻まれる鳥」

鳥と言っても飛べないミチバシリという鳥なのですが、一見人間社会の制限を受けないように見える鳥が国境に阻まれているという絵のインパクトが凄いです。

写真って凄いな~と改めて感じます。

打ち捨てられたワンダーランドユーラシア

www.theatlantic.com

2019年オープンしたトルコにあるワンダーランドユーラシアというテーマパークが1年しないうちに閉鎖されて今は廃墟になっているという報道写真。関西だと奈良ドリームランドを思い出させますね。

写真がNFTで売れる

note.yokoichi.jp

ふむふむ。いろいろありますね。

カメラの部

私自身はニコンZユーザー(王国民?)で98%確定ですが、教養としてなるべく中立にカメラ業界のニュースを追いかけていきたい人です。

dc.watch.impress.co.jp

とうとう EOS R3 が製品発表になりました。無双を自称するだけの内容になっていますね。凄い。視線入力には野次馬的な興味があります。丸みのあるデザインと縦グリップ内蔵の正方形ボディとの相性がよいですね。さらに R1 が別にあるかもよ、という伏線が後にどう回収されるのか、も気になります。

dc.watch.impress.co.jp

40mm 相当っていうところが良いですね。28mm と 40mm から選べと言われたら 40mm かなあ、と発表時に思いました。(その後にニコンの40mmの発表。)

www.gizmodo.jp

90mm の方はフルサイズの中望遠としてはかなり小さいですよね。メタルなものが好きな方に響きそう。動画を観ていないですが、記事で紹介されているゴーストバスターズのお仕事はまだ途中過程だと信じたい。フォトヨドの作例が楽しみです。

dc.watch.impress.co.jp

望遠端F8だけどお値段はリーズナブルな超望遠ズーム。RFマウントは望遠が充実していますね。RFレンズってどういう検討したらそういう仕様のレンズ作るの?っていつも思います。(誉め言葉のつもり)

dc.watch.impress.co.jp

小型安価の 16mm !最初何を狙った製品かよく分からなかったのですが、スマホの内蔵カメラ的発想でクロップ前提で考えれば便利な広角レンズですよね。

気になって調べたら EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM より軽くて薄いレンズでした。

dc.watch.impress.co.jp

欲しかったレンズが来ました。購入予定です。別記事にもしています。

私みたいに「周辺ノ解像ガー」とか「ヤッパリ単焦点ハ35/50/85mm」とか言わない人は、この40mmの単焦点レンズと高倍率ズームの NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR の二本で十分ハッピーになれそう。

dc.watch.impress.co.jp

一時は心配しましたが、ようやく発売日が決まって一安心ですね。

部品供給の問題ということなので非 Special Edition 版の NIKKOR Z 28mm f/2.8 は延期なのでしょうね。