写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

X-T2 と組み合わせて使っているお気に入りの XF レンズ6本

こんな記事を書いたぐらいなので富士フィルムの X-T2 は自分の中ではメインカメラとなって久しいわけなのですが、その X-T2 と組み合わせて使っているXマウント XF レンズで特にお気に入りのレンズ6本を、半分は自分の機材状況の確認と記録のため、半分はこうしたお話に興味を持つであろう方々のために書き記しておきたいと思います。

1. フジノンレンズ XF23mmF1.4 R

35mm換算で35mmという画角の使いやすさ。F値1.4で室内でISO感度を上げずに速いシャッターを切れる、コントロールできる被写界深度に幅があるので表現に幅がある。硬すぎず柔らかすぎずのシャープ感。程よい存在感があって使っていて楽しいデザイン。で今一番気に入っているレンズです。APS-C で他のマウントだと同様のスペックのレンズって実は無いんですよね。X-T10 と組み合わせたときは、重くて AF が遅くて使えない印象だったので X-T2 の良さを発見するきっかけになったレンズでもありました。

photordinary.hatenablog.com

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

 

2. フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

過去いろんなマウント(Fマウント、1マウント、マイクロフォーサーズ)で大小の望遠ズームレンズを試した結論として、レンズの大小を問わず標準域がカバーできない望遠ズーム一本で撮影するのは難しい!ということ。レンズ交換したりボディを二台持ちしたりすれば良いのかもしれないですが、標準域〜望遠域までカバーできる高倍率ズームレンズはそのような苦労もなくやっぱり便利だなと思います。一般的に高倍率ズームレンズは画質がよろしくないと言われがちですが、このレンズは評判通り、高倍率だとは思わせない十分な画質があります。望遠を撮りたくなるかもしれないときはまずこのレンズを持ち出すようになりました。約5段の手ぶれ補正で望遠域でも視野が安定するのもありがたいです。

photordinary.hatenablog.com

3. フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

入手した当初はサイズが大きいことの方が気になってしまっていたのですが、最近は持ち出すたびに撮れる写真に見入ってしまいます。いわゆる大三元の標準ズームということでズーム全域で単焦点レンズに匹敵する解像力があります。ナノGIコーティングのおかげか色乗りも他のレンズより優れているように思います。さらに、AF は高速でズームリングの操作も滑らか、防塵防滴、といいことづくしのようですが、ボケがあまり綺麗ではない、手ぶれ補正が無いので光量が少ない場所に不向き、サイズが大きい、という欠点はありますので、このレンズでもあらゆるシチュエーションをカバーするわけではなくて向き不向きはあります。

photordinary.hatenablog.com

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

 

4. フジノンレンズ XF56mmF1.2 R

35mm換算で約85mm相当の中望遠単焦点レンズ。この中では開放時に最も被写界深度が浅いレンズとなりますね。ピント面の方はとてもシャープで、ポートレイトレンズとしてイベントごとに活躍してくれています。すでに MUST な存在なのですが、スナップにもっと活用できないか思案中です。

photordinary.hatenablog.com

FUJIFILM 単焦点中望遠レンズ XF56mmF1.2 R

FUJIFILM 単焦点中望遠レンズ XF56mmF1.2 R

 

5. フジノンレンズ XF35mmF2 R WR

X-T10 からの愛用レンズです。35mm換算で53mm相当の標準単焦点レンズ。F値は控えめですが、奥行きを演出する程度には被写界深度のコントロールが出来ます。開放から合焦面はシャープで F5.6 まで絞るとカリカリです。コンパクトで気軽に持ち出せて、高速AFで被写体を捕らえるので撮影のテンポもよいです。防塵防滴なので雨の日でも心配無用。

photordinary.hatenablog.com

6. フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

こちらも X-T10 からの愛用レンズです。というよりはこのレンズのために X-T10 を手に入れて X マウントの世界に引き込まれることになったぐらいです。マイクロフォーサーズのF2.8通し大三元標準ズームを買うならこっちの方がコスパ良いんじゃないか、と考え X-T10 とこのレンズを選びました。サイズはそこそこなのに解像力では XF16-55mmF2.8 R LM WR には負けない気がします。手ぶれ補正もあるので低照度環境でも使いやすく、強い個性はないものの、撮影条件を選ばないオールマイティな良さはあります。

photordinary.hatenablog.com

以上、私のお気に入りの XF レンズ6本でした。