写凡珠

最近はニコン Z6 と Z50 の二台で主に京都を撮ってます。

LUMIX LIVE @ Photokina 2018 をライブで観たので今後のミラーレスカメラについて個人的に思ったことなど

あまりインターネットの動画をライブで見ることは無いのですが、9月25日のパナソニックのフォトキナでの発表、ちょうど時間があったこともあり、19時半からライブで観てしまいました。おおよそ事前のリークどおりでしたが、ライカとシグマの協力を得てパナソニックの全力の開発力を投じたフルサイズの LUMIX S シリーズ、とても魅力的です。東京五輪の 8K 放送をターゲットに見据えつつもフォトグラフィーの文化に対して最大限にリスペクトを払い開発を進める企業姿勢に大変好感を持ちました。これまでの LUMIX の歩みを考えて、画質がよく使い勝手にも優れた製品に仕上がるであろうことは想像に難くありません。


LUMIX LIVE @ Photokina 2018

以降は毒舌の分析が続きますので、そのようなものとして読んでください。

ただキヤノンの EOS R と EOS M の関係と同じく、パナソニックは L マウントの S シリーズとマイクロフォーサーズの G シリーズ、マウント非互換の2つのフォーマットを維持しないといけなくなるので、企業リソース配分的にもついてくるユーザーの財布や防湿庫的にも厳しいんじゃないかと思います。キヤノンは EF-M の製品群を守るために小型の RF 製品群を作ることに力を割けないし、パナソニックマイクロフォーサーズである LUMIX G シリーズと共食いにならないように、LUMIX S シリーズに小型のボディやレンズを作ることを避けるはずです。

そうなってくると単一の E マウントでフルサイズと APS-C の両方のミラーレスシステムをサポートするソニーの強みが際立ってくるなあと思います。長期的にはEマウントの内径が小さいことによる光学的制約が問題になってくることもあるかもしれませんが、この強みは当面の間はソニーの天下を維持する方向に働くような気がします。

キヤノンには EOS Kiss M が好調な EF-M でフルサイズのシステムも開発する道があったはずですが、システムの汎用性よりも光学的に最高位の製品を作ること(そして長年のライバルであるニコンの Z に負けないこと)を優先したのでしょうね。

フルサイズミラーレスのプレイヤーが一通り出揃いましたが、個人的には当分 APS-C富士フィルムの X シリーズで行くでしょう。キヤノンの EOS R もパナソニックLUMIX S も EOS M (EOS M3, EOS M5, EOS M6) と LUMIX G (LUMIX GX7, GX7mk2) を気に入って使っていた自分にはかなり気になるシステムではあるのですが、先の高画質システムと高機動システムでマウントが分散する問題が引っかかるんですよね。振り返ると写りに不満の無かったニコンから離れた要因として画質優先の FX (D750) と機動力優先の CX (Nikon1 J5) で交換レンズが分散してしまったことが大きかったです。今使っている富士フィルムの X なら単一の APS-C フォーマットでも大型と小型の両方のレンズが充実していますし…

そういえば、ニコンの Z は果たして DX でも展開するのだろうか…財布に余裕があればつべこべ言わず全部買うんだけどね!と以上、カメラオタクの勝手なアルファベットだらけの妄言でした。