写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

XF10 のシャンパンゴールドをゲットしていました

XF10 のシャンパンゴールドを実は発売日(2018/08/23)の少し後ぐらいにゲットしていました。

他にあまりみないゴールドは(同じ色ではないけど) CONTAX T2 みたいで格好いいし、同じ富士フィルムの大きめの X-H1 を補完してくれるコンパクトカメラ、という理由で早速飛びついていました。小さければ市街地でもサッと撮りやすいですし、X-H1 側に望遠のレンズが付いているときでも XF10 があればレンズ交換無しで広角が撮れます。

その後、撮影にも行けず放置していましたところ、市場価格が下がって、RICOH GR3 の開発発表、という少し気分が盛り下がる展開もありました。(GR3 は最初は10万円超えの価格帯になるそうなので、5万円ぐらいのXF10とは別のクラスのカメラだと思いますが)

最近ようやく実際に撮影に持ち出すことができました。使ってみると期待通り他の富士フィルム機と使い勝手に共通の部分が多く、快適にサクサク撮影できました。

X-H1, X-T2 と比べるとカスタム登録と選択が出来ない、(ベイヤーセンサーのためか) JPEG の仕上げが同じ感じではない、AF が遅い、点像復元処理が出来ない(絞って撮るとグズグズの絵になる)、といった不満もあるのですが、メーカー側としてはそのあたりは上級機の X100F を買ってください、ということになるのでしょうね。小型でタッチAF対応で取り回しが良いことは強い魅力ですし、絵の仕上がりも嫌いというわけではないので、X-H1 のサブ機としてもうちょっと使い続けて見ようと思います。

自分のことを偏りなくいろんなメーカーのカメラを使う人間だと思っていたのですが、そろそろ富士フィルム信者、ということになるのかもなあ、と思い始めています。