写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

彼我

彼我

というわけで一週間ほどの間立て続けに最近交換レンズについて考えていることを吐露してみました。振り返ると X マウントの現行製品では魅力的を感じているレンズはいろいろあるものの、今自分の装備に追加すべきものは無いのかなあ、というところですね。あえていうなら1.4倍テレコン XF 1.4X TC WR があると XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro での撮影の幅が広がりそうですが、絶対必要か、と考えるとそうでもないですね。

もちろん富士フィルムの現行ラインナップにケチをつけているわけではなくて、私の装備が充実してきていることの裏返しなのかなあと思います。

現行ラインナップに限定しなければ、XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS と XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR の間を埋める望遠ズームレンズが欲しいですね。

当然、高速 AF、手振れ補正と防塵防滴は欲しいところなので富士フィルム命名ルールだと XF70-300mmF4.5-5.6 R LM OIS WR いったとこでしょうか?

サイズはなるべくコンパクトにまとめていただいて、最大撮影倍率は出来れば蝶を狙えるように 0.30 は欲しいところです。望遠ズームの 70-300mm はだいたいどのマウントにも一本はあるレンズだと思うので、そろそろ X マウントにもどうでしょうか?富士フィルムさん!