写凡珠

最近はニコン Z6 と Z50 の二台で主に京都を撮ってます。

Z50 の発表で感じたニコンミラーレスの「伸びしろ」

ニコンAPS-C ミラーレス Z50、とうとう発表がありましたね。

 

www.nikon-image.com

多くの一般消費者にとって競合が EOS Kiss M であることを考えると、初値が高く受け止められることはありそうですが、いろいろレビューを見ててもハイアマチュアが納得するような仕上がりになっていると思います。特にフルサイズの Z6, Z7 との併用がしやすいボディというレビューがいくつか出ていました。

昨年2018年に、ニコンのZマウント、キヤノンのRFマウント、パナソニックとシグマのLマウントと立て続けにフルサイズミラーレスシステムの発表と発売がありました。ソニーのEマウントフルサイズミラーレスシステムと比べたときに新規参入組は同一マウントでのフルサイズ、APS-C 兼用をサポートしていなかったので(LマウントのライカAPS-C がありますが高価なのでノーカウント…)気軽に持ち出せるボディが無いのではないかという不安がありました。

今回Eマウントに続きZマウントがフルサイズ、APS-C兼用となりましたので、個人的にはとても魅力を感じるシステムとなりました。もちろん、これからキヤノンのRFマウント、パナソニック陣営のLマウントがAPS-C対応する可能性もありますが、それぞれEF-Mとマイクロフォーサーズというある程度成功した小型システムを抱えているので、あるとしても相当先になるはずです。

同一マウントで小型ボディの選択肢があるという意味ではニコンの Z マウントだけではなくてソニーの E マウントも同じポジションにあるのですが、今後のレンズのラインナップを考えると個人的にはニコンの Z の方が期待できると考えています。

Eマウントのレンズについてはソニーストアで触ったりすることもあるのですが、マウントの内径が小さいためかフルサイズ向けの FE はフロントヘビーになりがちです。特に SEL2470GM や SEL24105G といったズームレンズは重くて長くて取り回しが悪いです。一眼レフのFマウントの話になりますが、過去ニコンの D750 に AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR を付けて、その重さのあまり脱ニコンしたことがあり、ソニーのFEレンズ群を見ていると同様のことになりそうだと感じてしまいます。その分、Zマウントは大三元標準ズームの NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S でもいい感じに取り回せる重量感です。他のZマウントSシリーズを見ていても高性能にかかわらずほどほどのサイズ感に収まっているので、フルサイズのレンズでいうとZの方が将来性を感じます。

EマウントのAPS-Cのレンズについては2010年からの歴史があるので、ラインナップは充実しているのですが、小型化重視の設計のためかあまり魅力がありません。同じAPS-Cで比較するなら富士フィルムのXマウントを選びますね。

というわけでEマウントはフルサイズレンズは性能は良いがレンズがフロントヘビー、APS-Cならば小さくて性能はほどほど、なのでせっかく同一マウントでフルサイズとAPS-Cの両方のフォーマットをサポートしていても、二種類のボディに共通で使えるちょうどいいレンズが無いんですよね。

Zマウントはフルサイズでもレンズのサイズはほどほどで高性能なので、APS-Cに付けてもそれほどバランスを崩さずに扱えるんではないかと思うんですね。今回発表された APS-C 専用の二本のレンズもキットレンズとしていい感じに仕上がってる印象です。

今回追加で発表されたロードマップには 28mm と 40mm の薄型単焦点レンズがありまして、特に 28mm が F2 ぐらいで中央解像度が高かったりすると、APS-C では換算 42mm の使いやすいレンズになりますので、これはなかなか魅力的なのではないかと思います。

dc.watch.impress.co.jp

そもそものところでいうと、自分にはフルサイズ不要で富士フィルムAPS-C で十分かなあという思いが支配的なのですが、もし将来フルサイズミラーレスを買うなら APS-C 併用がしやすいニコンにするだろうなあ、と思わせてくれる今回の発表でした。