写凡珠

最近はニコン Z6 と Z50 の二台で主に京都を撮ってます。

水辺

水辺

水辺っていっても撮った場所は山の上ですけどね。遠くに見えるのは潤しの琵琶湖。

この前ちょっと気になる、といった RF70-200mm F2.8 L IS USM が近く発売されますが、お値段は価格コム最安値で30万円強でしたね。短くなってもフルサイズF2.8通し望遠ズームでしかも純正品、基本的にはブライダルとかガチのプロ向け製品だから当然といえば当然なのですが…。 あんまり高額なレンズでしかも重かったりすると、適当に目に入って気になったものを撮るときでも、このレンズで撮っていいのか、みたいなことを考えちゃうので、どう考えてもスナップシューター向けの装備ではないですよね。

同じフルサイズミラーレス用 F2.8 通し望遠ズームならタムロンの 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056) が素人にはちょうどよい感じで、同じタムロンで 28-75mm F/2.8 Di III RXD  や最近発表のあった 20mm, 24mm, 35mm の F2.8 単焦点もいい感じの所を突いてくるレンズ群で、ボディはα7シリーズでレンズはタムロンだけでそろえる、とかありかもね、と思いました。そうなってくると個人的には70-300mmや90mmマクロレンズが欲しい。

振り返るとマイクロフォーサーズやEF-Mに手を出したのはマクロレンズ目当てでしたね。Xマウント一本化しようと思ったきっかけもマクロレンズ。そんなわけで経験的に、交換レンズのポートフォリオの要はマクロレンズだと思っていまして、マクロで有名なタムロンがなぜ、フルサイズミラーレスにはマクロレンズを出さないのだろう、と不思議に思いました。究極の奴を用意しているんでしょうかね…