写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

2019年買ってよかったものは X100F

今週のお題「2019年買ってよかったもの」

ということで私が今年買ってよかったものは X100F ですね。

 

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 X100F の存在を初めて知ったのは2017年1月に京都で行われた FUJIKINA (富士フィルムのカメライベント) でした。

そのときは X-T2 を手に入れたばかりでしかも同じ焦点距離の交換レンズ XF23mmF1.4 R を持っていたこともあり、自分にはあまり関係ないカメラという印象でした。

その後、

とあって発売2年半ほどしてようやく必要だという考えに至り X100F を手に入れることになったのでした。良いところを挙げると下のようになります。

  • 小型軽量薄型で持ち運びやすいが、小さすぎないちょうどよい大きさ。
  • ファインダーがあるので撮影に集中できる。改めて自分にはファインダー必須だと思った。
  • レンズの性能が良い。絞れば隅までよく写る。しかも、いわゆる太くならない解像感。
  • 開放F値 2.0 なのでボケ量はまあまあだが、形を崩さずに奥行に応じてボケるので、立体感が感じられる。
  • レンズの画角がちょうどよい換算35mm相当。
  • 最短撮影距離が短くて、一輪の花を背景と一緒に撮る、ぐらいには寄れる。
  • X-H1 と同じセンサー、描画エンジンで、操作体系も似ているので、一緒に使いやすい。

大いにおススメできるカメラではありますが、来年初めには、後継機 X100V が発表される、との噂がありますので、後継機が気になってしまう方はもう少し様子を見た方が良いかも。

では、X100F で撮った写真を何枚かご紹介します。

花

佇む

2019 Kyoto Autumn

photordinary.hatenablog.com