写凡珠

ニコン Z6 と Z50 で京都を撮っています。しゃぼんだま、と読みます。

遭遇

Encounter

昨晩の EOS R5/R6 の発表、ライブで観ちゃいました。カメラの発表をライブで観たのは二年前のパナソニックの S シリーズの発表以来です。発表された製品群では RF85mm F2 MACRO IS STM が個人的には惹かれますね。
ニコンはZマウントではどちらかというと一眼レフ時代からの定番仕様にあたるレンズを極限までハイクオリティに作ろうとしているのに対して、キヤノンは定番単焦点にマクロとISをつけたり、F2通しのズームを作ったりと仕様そのものの既成概念を打ち破ろうとしていて、同じ大口径ショートフランジバックのマウントでも狙っていく方向性が違っていて面白いですね。RF マウントレンズの IS 付いている率が高い(特に低価格帯)ので、R6 のさらに下のクラスにボディ側手振れ補正無しのモデルを計画しているんでしょうね。例えば EOS R3 = EOS Kiss R とか?