写凡珠

最近はニコン Z6 と Z50 の二台で主に京都を撮ってます。

小さな世界

腰にやさしいマクロ撮影を望遠ズーム NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR と接写リング Fotodiox MTA-NKZ35 で楽しむ

写真撮影の楽しみ方の一つとして、被写体に思いっきり寄って花や昆虫などの小さなものを大きく撮る、いわゆるマクロ撮影というのがあります。 このマクロ撮影にはとても魅力を感じていて、過去には様々なマウントの様々なマクロレンズを使ってきました。

薔薇が咲く季節

二年前の5月から薔薇を撮り始めて今回で3回目になります。花を撮るのは面白いですが、薔薇は特に面白いように思います。撮影地は京都府立植物園でした。薔薇以外の他の季節の花の写真も撮りました。レンズは EF-M28mm f/3.5 マクロ IS STM でカメラボディ…

小さな世界

写真とは直接関係ないですが、ExifTool、キヤノン機の SD カードからの画像コピーにも問題なく使えました。いろんなメーカーのカメラを使う方に ExifTool での画像コピー、オススメしたいです。 photordinary.hatenablog.com

小さな世界

ひまわりもしおれる頃

小さな世界

キヤノン機は赤が鮮やかに出る分、色飽和も起こりやすいので、注意が必要ですね。

小さな世界

昆虫を撮ろうと思うと、35mm換算で45mmは短いですね。(画角が広くてマクロ撮影≒ワーキングディスタンスが短い)

「小さな世界」を撮りたくて

マイクロフォーサーズ機 GX7mk2 を手放して、後になって下の三点について惜しいと思いました。 タッチAFが快適だったこと LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. というお手軽にマクロ撮影が楽しめるレンズが使えたこと LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6…