写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

カメラ機材の話

水辺

デジタルカメラマガジン編集部から「RICOH GR Ⅲ PERFECT GUIDE」という "RICOH GR III" のムック本が出ているのだけど、この執筆陣がとても豪華で、RICOH GR Ⅲを持っていなくても、読み物として読んでいてとても面白い。 ふと気になって、RICOH GR Ⅲ の店頭…

遭遇

XF60mmF2.4 R Macro は最初期に発売された XF レンズであることもあり、最近の XF レンズ群と比べると防塵防滴がない、AFが劇遅、マクロなのに倍率0.5、手振れ補正なし、とスペック的には見劣りするところもあります。ですが、コンパクトで気軽に持ち出せる…

ふと思い立って数えてみると、2019年3月23日現在、富士フィルムから発売されているXFレンズは全部で24本あります。そのうちの9本を所有し、それ以外に一度所有して手放したものが4本あります。 なんとなく他社のフルサイズミラーレスが気になったりすること…

彼我

X-T10 時代に手に入れた XF35mmF1.4 R、あまりにも AF が遅かったためずっと、防湿庫に置いたままでした。同じ焦点距離で AF が高速の XF35mmF2 R WR があるので XF35mmF1.4 R の方は何かの機会に手放そうかと考えていました。 最近、夜スナップなら開放F値…

梅撮りにマクロレンズを持参したけど、結局広角の XF10 で撮ることに。 X-T30 の次は X-Pro3 の噂ですか。待ち望んでる X100F の後継機は来年になるかもね…

遭遇

またレンズが増えてしまいました。XF60mmF2.4 R Macro。すでに持っている XF50mmF2 R WR、XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro とキャラの被るレンズなのですが、コンパクトな一本で中望遠単焦点レンズとハーフマクロ兼ねるのは魅力的だな、と。とはいえ防塵防滴(W…

遭遇

鷺ってどこにでもおるねんなあ… カメラやレンズの発表のあれやこれやに目を奪われつつも、X100F の後継機を待ち続けております。今年2月の発表は X-T30 でした。次は6月はたぶん GFX100 だろうから、9月頃かなあ。

眩光

ブログをお休み、と書きましたが、不定期更新、とします。最近なかなか撮影の機会が撮れないのですが、過去に撮った写真でこれいいかも、というのを拾い上げてたまにアップしていこうと思います。 とうとう2月のカメラ発表ラッシュが来ましたね。キヤノンの…

遭遇

富士フィルムのカメラについては、カメラ内の現像についてはハイレベルな仕上がりで不満を感じたことはないのですが、PC で現像することについては、これまでなかなかこれだ!と思える環境を整えることが出来ませんでした。 最近、何の期待もせずオープンソ…

眩光

明けましておめでとうございます。2019 年の抱負は「新しいカメラやレンズに惑わされないようにして、X-H2 と X100V の発売に向けて貯金しておく」なんだか矛盾しているような気がしますが…

サイン

このブログを始めたのが 2015 年の 7 月ですから、もう3年が経過しました。機材関係の記事を改めて読み返すといろんなカメラとレンズを使っていて我ながら呆れてしまいます。のべ5マウントのカメラシステムを経験して、今年の前半だけでも EF-M のレンズを…

彼我

家電量販店のカメラバッグコーナーに行くと HAKUBA が怒涛のようにカメラバッグの新製品を出していて、大丈夫?と心配になる。

2018年カメラ関連買ってよかったものベスト8

このブログを始めた 2015 年夏からいろんなカメラ、レンズをとっかえひっかえしてきました。三年目の 2018 年も同様にいろいろ手にしたり手放したりしてきたのですが、そろそろ自分にとってベストの装備が分かってきたような気がしています。自分の考えの整…

自転車

フルサイズミラーレス発表、発売の波が通り過ぎて、冷静に考えてみてやはりフルサイズ機はミラーレスであっても自分には不要、という結論に至りました。 もう完全に富士フイルムの X シリーズ信者になってしまったと思うのですが、このブログでは意外と富士…

自転車

X-T3 の評判がいいので気になるのだけど、個人的には X-H1 のボディ側手ぶれ補正とグリップ、フェザーシャッターは手放せない。当然、富士フイルムXシリーズの第四世代エンジンである「X-Trans™ CMOS 4」「X-Processor 4」が搭載された X-H2 の発表が待たれ…

遭遇

発表当時は高額、重い、デカイ、画角が狭い、と否定的に見ていた XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro ですが、紆余曲折を経て手にすることになりました。マクロレンズで昆虫を撮ろうと思うとワーキングディスタンスを稼げる長めの焦点距離が必要だなあという気づ…

XF10 のシャンパンゴールドをゲットしていました

XF10 のシャンパンゴールドを実は発売日(2018/08/23)の少し後ぐらいにゲットしていました。 他にあまりみないゴールドは(同じ色ではないけど) CONTAX T2 みたいで格好いいし、同じ富士フィルムの大きめの X-H1 を補完してくれるコンパクトカメラ、という理由…

マシーン

フォトヨドバシで見た Nikon Z7 の写りの緻密さから、レンズマウントの内径の大きさは重要らしいことを感じ始めているのですが、そうなると、フルサイズミラーレスの世界でカメラメーカーとサードパーティレンズメーカーを兼ねるシグマがどのような光学設計…

サイン

フォトヨドバシの Nikon Z7 の写真を見ていて、今までのフルサイズカメラのワンクラス上の写りをしているように思いました。富士フィルムの X が APS-C としてはワンクラス上の緻密な写りだと思いますが、Z7 はそのまま縦横各辺にクロップ係数の 1.5 倍緻密…

レンズ交換式カメラシステムの「伸びしろ」とその中毒

私はサッカー観戦をしないので本田圭佑という選手のことはよく知らないのですが、それでもニュースなどを通じて飛び込んでくる彼の言葉には時々はっとさせられることがあります。その中でもなるほど、と思わされたのが「伸びしろ」という言葉です。 「今でき…

X-H1 と組み合わせて使っているお気に入りの XF レンズ4本

6月頃にX-T2 から X-H1 に乗り換えてから同じ X マウントでも組み合わせて使うレンズの傾向が変わりました。また持ち合わせのレンズも一部交代がありました。例によって半分は自分の機材状況の確認と記録のため、半分はこうしたお話に興味を持つであろう方…

LUMIX LIVE @ Photokina 2018 をライブで観たので今後のミラーレスカメラについて個人的に思ったことなど

あまりインターネットの動画をライブで見ることは無いのですが、9月25日のパナソニックのフォトキナでの発表、ちょうど時間があったこともあり、19時半からライブで観てしまいました。おおよそ事前のリークどおりでしたが、ライカとシグマの協力を得て…

通行者

現状、自分の好みでいうと「X-H1 > 他社のレンズ交換式カメラ」で、同じ富士フィルムのカメラでも「X-H1 > X-T3」、つまり X-H1 が最もお気に入りのカメラなのだけど、もし X-T3 と同じ「X-Trans CMOS 4」センサーに、画像処理エンジン「X-Processor 4」を持…

遭遇

ニコンとキヤノンからフルサイズミラーレスカメラが発表、富士フィルムからも X-T3 が発表、さらにはパナソニックからもフルサイズミラーレスの噂、とここ最近カメラ関係のニュースが絶えません。カメラオタク的には興味深い話題が盛りだくさんなのですが、…

眩光

発表当初は大きくてなんだかな〜と思っていた X-H1、実際に購入して使ってみると最高のカメラだなあ、と思うようになりました。何度かレビュー的なものを書こうとして、まとまりの無い文書になって断念しています。とりあえずボディ内手ぶれ補正で手持ち夜景…

XF10 が気になるのでコンデジ向けの丸紐タイプのハンドストラップを調べてみた

2018/8/23 に発売予定の富士フィルムのコンパクトデジタルカメラ XF10 が気になっています。このカメラ向けにコンデジ向けの丸紐タイプのハンドストラップについて調べてみました。 富士フイルム デジタルカメラ XF10 ブラック XF10-B 出版社/メーカー: 富士…

とうとう富士フィルム機に念願のマクロレンズを導入できたのですが、マウントアダプターを介して、となりました。Fringer FR-FX10 を介して、キヤノンの EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM を利用しています。35mm 換算で 52.5mm の標準域の画角となり、使いやす…

X-H1 で撮る雨の南禅寺三門と水路閣

雨の中の南禅寺、三門と水路閣を撮ってきました。新しく手に入れた X-H1 のボディ側手ぶれ補正と防塵防滴が活躍してくれた訳ですが、カメラの話はまた別の機会に。

XF23mmF1.4 R と EF-M22mm F2 STM 、どちらも35mm換算の35mmの画角となる広角〜標準の単焦点レンズですが、家族の写真撮影ではどちらも手放し難いとても魅力的なレンズです。同じ画角のレンズを複数持つようになると、いよいよレンズ沼にどっぷりつかってい…

キヤノンEF-Mマウント EF-M レンズ5本使ってみてのレビュー

EOS Kiss M の発売もありキヤノンEF-Mマウント、EF-Mレンズに興味のある方も増えているかもしれません。私が現在所有する EF-M レンズは5本あり、それぞれ使ってみて特徴なども掴めてきました。5本のレンズについて使い所、オススメのポイントなどを説明し…