写凡珠

ニコン Z 7II で京都を撮っています。しゃぼんだま、と読みます。

ニコンZ関連

ニコン Z 6 と Z 7II の画質面の違いについての感想

高画素機であるニコン Z7II を使い始めて約一か月半たち、大体特徴がつかめてきました。その前に使ってきた中画素機 Z6 と画質面での違いがどんなものか大体分かってきたので、記事にしてみようと思います。

NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR はコンパクトでよく写り動画撮影にも使いやすいレンズ

NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR は最近 Z50 と一緒に手放してしまったのですが、結構気に入っていたレンズでした。 Z fc のキットレンズでもあることから、どんなレンズか関心を持っている方も多いと思いますし、ハードディスクで眠っているお散歩写真の…

ニコン Z 7II と二本のニッコールZレンズをお迎えしました

ニコン Z 7II と二本のニッコールZレンズをお迎えしました。そして別れもあります。今回の機材入れ替えをまとめると下の通り。 Z 7II (お迎え) NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR (お迎え) NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 (お迎え) NIKKOR Z 35mm f/1.8 S (キープ) NI…

NIKKOR Z 35mm f/1.8 S と NIKKOR Z 50mm f/1.8 S と NIKKOR Z 85mm f/1.8 S はちょうどいい感じの高性能単焦点レンズ

ニコンZマウントにシステム変更した際に S-Line の f/1.8 単焦点レンズである NIKKOR Z 35mm f/1.8 S, NIKKOR Z 50mm f/1.8 S, NIKKOR Z 85mm f/1.8 S の三本を一気に揃える、ということをしました。 そしてこの三本の単焦点レンズの存在が Z へのマウント移…

ニコン Z6 と Z50 は撮りやすいカメラ

Z6 と Z50 を使い始めて約9か月が経ち、道具として馴染んできました。おおよそどういうカメラか分かってきたので、自分の考えの整理とカメラシステム探しをしている人への情報共有を兼ねてレビューっぽいものを書いてみたいと思います。 この記事では Z6 と…

ニコンからフラッグシップミラーレスカメラ Z9 の発表がありました

業界ウォッチ的なネタです。ニコンからフラッグシップミラーレスカメラZ9を2021年内に発売するという発表が2021年3月10日にありました。 www.nikon.co.jp 8K 動画対応なので横方向の画素数は 7,680 画素を超えることになりアスペクト比も合わせて考えると 3,…

ニコンZマウントのニッコールZはフォーカスブリージングを抑制し静音性に優れた動画撮影向きの設計

今回もニッコールZのデータベース的記事です。興味ない方は読み飛ばしてください。 前回、ニッコールZの防塵防滴事情を調べた時に「フォーカスブリージング抑制」「静音性」と気になるキーワードも目に入ってきました。これらの動画撮影で重要になるレンズ性…

ニコンZマウントのニッコールZのレンズは16本全て防塵防滴に配慮した設計 (2021/01時点)

最近、雨や雪の中、撮影をすることがあったので、そういえばニッコールZの防塵防滴事情ってどうなっているんだろうとふと疑問に思いました。検索してもまとまった記事が見つからなかったので、公式ページを調べて自分でまとめてみることにしました。 www.nik…

2020年買って良かったカメラ機材 #買って良かった2020

お題「#買って良かった2020」 一年のベストバイを振り返る時期が来ました。今年半ばに写真を趣味とする人間としては大きなイベントであるカメラマウントの変更を行いましたので、そちらに関連した製品で占められたランキングとなります。お買い得度に従って…

ニコン Z6 と Z50 は季節の移ろいが撮れるカメラ

ニコン Z6 と Z50 を使い始めて5か月が経ちました。前回レンズについて書きましたが今回はカメラで撮れるJPEGの色、絵作りについて思ったことを書いてみようと思います。 自分が所有している Z6 と Z50 での撮影経験に基づいて書きますが、同じ画像処理エン…

XマウントからニコンZマウントへの移行をふりかえる~レンズ編~

富士フイルムXマウントからニコンZマウントへの移行から三か月が経過しました。撮影を経て機材の性質などもつかめてきたので、個人的な印象を書き記してみたいと思います。厳密なレビューなどではなくて個人の主観的な感想であることを予めご承知おきくださ…

腰にやさしいマクロ撮影を望遠ズーム NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR と接写リング Fotodiox MTA-NKZ35 で楽しむ

写真撮影の楽しみ方の一つとして、被写体に思いっきり寄って花や昆虫などの小さなものを大きく撮る、いわゆるマクロ撮影というのがあります。 このマクロ撮影にはとても魅力を感じていて、過去には様々なマウントの様々なマクロレンズを使ってきました。

自転車

とうとう FX の標準ズーム NIKKOR Z 24-70mm f/4 S も手元に。

富士フイルムXマウントからニコンZマウントに切り替えました

今、手元には以下のニコンの機材があります。そして富士フイルムXシリーズの機材はすべて手放しました。 ニコン Z6 NIKKOR Z 35mm f/1.8 S NIKKOR Z 50mm f/1.8 S NIKKOR Z 85mm f/1.8 S ニコン Z50 NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR NIKKOR Z DX 50-250mm …