写凡珠

ニコン Z 7II で京都を撮っています。しゃぼんだま、と読みます。

スナップ

久しぶりに切り取る京都タワーの見える風景。

近場の早咲きの桜にて。超曇天だったので、内蔵フラッシュを使いました。色は盛っていないです。いろいろな環境で撮ってみて桜は光が重要だなあと改めて思いました。やっぱり自分のようなスナップ撮影でもライティングちゃんとやった方がいいのかなあと思い…

ちょっとずつ春っぽくなってきましたね。

クリエイティブピクチャーコントロールのメランコリックを 50% ぐらいで使うと、梅を不自然ではない程度に鮮やかに出来るというテクニック。ちょっと空がマゼンタに傾いていますけど。多分桜でも使えるかな。

通行者

最近撮影に行けていないのでストックを現像。京都市京セラ美術館にさす平安神宮大鳥居の影。 レンガ造りの建物は撮っちゃいますね。 今年も桜の季節が来たら岡崎を絶対一回は撮っとこう。 単焦点で行くのかズームで行くのか、Z6 と Z50 のどちらにするのか二…

眩光

何度かこのブログで書いているのですが、ニコンのZマウントロードマップにある非S-Lineの小型単焦点の28mm, 40mm, Micro 50mm を楽しみにしています。非 S-Line ということはナノクリスタルコートが付かないわけで、逆光耐性が気になりますね。逆光ばっかり…

鑑賞サイズが小さいと左下の人影が見えなくて成立しないのでスマホよりはPCや印刷向き。もっとスマホに適した写真を撮った方がええかなあ、と頭では考えるけど、まあ趣味やし好きに撮ったらええかなあ、とも思う。

眩光

早朝の散歩と35mmの相性は良好。

東華菜館も繰り返し撮ってしまう被写体ですね。

自転車

ザ・35mm といった構図。何が「ザ」なんだか。 35mm というか APS-C の 23mm はフジで撮りまくった画角なので、比較してフルサイズのZ6のダイナミックレンジの広さが体感できますね。ダイナミックレンジが広いと現像の段階ではシャドウをつぶすか起こすか選…

通行者

これまでフォトコン的なものから距離を置いてきたのだけどニコンCP+フォトコンテストの入選の賞品が Z 6II ということでちょっと心動いている。

銀杏のなる頃。

黄昏

佇む

Capture NX-D で対岸の建物は黒潰れしないが枠となる橋梁は黒潰れするぐらいにトーンを調整しました。部分編集はしていないのですが若干、人工的な HDR な感じもしますね。明暗の激しい絵の場合、トーンで見せるとか見せないとかをコントロール出来るのです…

遭遇

相も変わらず鴨川&アオサギですみません。 ニッコールZのレンズはどれもフォーカス面のキレが良くて、アウトフォーカス部に違和感が少なくてー、とかいう話もワンパターンですね。

Z50 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR が散歩カメラとして手に馴染んできて愛着が増してきました。

2021年のあけましておめでとうございます

遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

遭遇

日が当たっていない紅葉は影になって綺麗に撮れないのですが、常に日が当たっている紅葉は早々に傷んでしまっている可能性が高いです。太陽の向きや、風によって日が当たったり、当たらなかったりするぐらいの位置の紅葉の方が状態がよいです。 つまり状態が…

秋晴れの空。太陽光を透過する紅葉。ワンパターンですが、ハマって来たのでもうちょっと続くかもです。

紅葉の撮影は名所に行けばいいってものでもないのが面白いところ。紅葉に限らないか。

フルサイズだからかナノクリスタルコートだからか分からないですけど Z6 + S-Line の透き通るような鮮やかさが大好物です。 望遠ズームもフルサイズにしたいという誘惑…。 最近、キヤノンから RF70-200mm F4 L IS USM が発表されましたが、あれくらいのコン…

メタセコイアの紅葉ってあまり見かけないですけど魅力的ですね。

上下の空間に意味のある構図に出来なかったので、アスペクト比 16:9 にしてみたらすっきりしました。3:2 にこだわらなくてもいいかも。

通行者

クリエイティブピクチャーコントロール・ソンバー 憂いを帯びた、雨上がりのようなしっとりとした雰囲気に。彩度を高めにして明度を抑えることで、アンダーながらしっかりと色味を感じられる表現になります。

彼我

クリエイティブピクチャーコントロール・バイナリー ディテールが省略された、主役が引き立つ力強い描写に。ほぼ2階調の、パキッとしたモノクローム画像を撮影できます。白と黒だけの世界をより強く、個性的に演出できます。

クリエイティブピクチャーコントロール・ポップ カラフルな色彩や質感を、よりクリアーに引き出すために。もっとも彩度の高い効果です。より明るい画調でありながら、被写体が持つ本来の色味を際立たせることができます。

サイン

バーガーキングだけじゃなくてタピオカののぼりも写りこんでいる!というよく分からない基準の自分評価加点。 クリエイティブピクチャーコントロール・サイレンス はかなく寂し気なトーンの空間演出に。軟調な画調で、彩度をより抑えた静謐感のある画像を撮…

クリエイティブピクチャーコントロール・デニム 青味の強い深い色合いに。彩度を高めにして、青をシアン方向に表現。被写体の青色を、より際立たせることができます。

クリエイティブピクチャーコントロール・ドラマ 光と陰を強調した、重厚感のある表現に。暗めの画調でありながら、ハイライト部をより明るく表現できます。光をドラマティックに演出するのに適しています。 何パターンか試してみて、花のマクロ撮影とクリエ…