写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

スナップ

今回のこの写真を手持ちで撮るのに、低速限界設定のオートを使い、三段分のスローシャッター(焦点距離 50mm に対してシャッター速度 1/15 秒)を切りました。今回はオートで楽をしましたが、Z6 はスペック上5段分のボディ側手振れ補正を備えているので、低速…

椅子

通行者

対岸に鴨川納涼床が見えますね。

通行者

50mm のレンズ、何本持ってても同時に撮影に使えるのは一本なんだから、持ち出せるサイズの範囲で一番写るレンズを一本選んだ方がいいよね、と思ってこの NIKKOR Z 50mm f/1.8 S を選びました。目論見どおり、期待通りに 50mm はこれ一本でいいと思えるレン…

遭遇

昨晩の EOS R5/R6 の発表、ライブで観ちゃいました。カメラの発表をライブで観たのは二年前のパナソニックの S シリーズの発表以来です。発表された製品群では RF85mm F2 MACRO IS STM が個人的には惹かれますね。ニコンはZマウントではどちらかというと一眼…

こういう機材の特徴が現れやすい写真を撮るのはどうなんだろう、撮らされてない?、という気持ちと、そういうところから始めて血肉にしていくしかないよね、という気持ち。

自転車

自転車

新しい機材を手に入れるや否やベンチマークみたいな撮影をするのもどうかと思いますが、早速 NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR で視界に点光源を入れる撮影をしてみました。オニオンリングエフェクトはゼロでは無いですが、気にならないレベルかなあと思い…

遭遇

巷で言われているように NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR のボケは望遠ズームとしては綺麗なように思いますね。まだ撮影に一回しか持ち出していないので断言は出来ないですが…。まだ試していないですが点光源が入ってきたときにどう見えるのかが肝ですね……

遭遇

遭遇

通行者

通行者

通行者

今使っている X-H1 と X100F は富士フィルムのXシリーズとしては同じ第三世代のシステムで、センサーは X-Trans™ CMOS III で描画エンジンは X-Processor Pro という名前がついています。実は過去に使っていた X-T2 も同じ第三世代のシステムです。 このブロ…

通行者

XF10 を手放して X100F を手に入れた理由として、ファインダーが無くて不便なのでファインダーが有るカメラにしたかったというのが大きいのですが、それ以外にも XF10 が小さすぎて撮ってる手ごたえが小さかったというのもあります。 なんとなくそれまでカメ…

通行者

通行者

これは今年のベストに入れようかな。

通行者

通行者

通行者

通行者

通行者

佇む

水辺

ニコン Z50 のキットレンズ NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR がかなりいいらしいので使ってみたいですね。薄型なので高級ズームコンデジと思ってつかって見るのもいいかも。 X100F と張り合えるぐらいのレベルで NIKKOR Z DX 23mm f/2.0 とかパンケーキで…

水辺

2017年初期に発売されたカメラなので、ホントに今更なのですが、X100F は写りが良いうえに取り回しも良くて最高ですね。名機といっていいと思います。そろそろ後継機の噂も出ようかという時期ではありますが、どうなるんでしょうね?

水辺

水辺

2019 年の X シリーズは前半が X-T30 で後半が X-Pro3 でした。以下、勝手な妄想です。 2020 年は順当に考えて前半が X100V で後半が X-E4 になるかと。 X100 シリーズは4世代もレンズ据え置きなので、X100V でそろそろレンズアップデートがあると思います…