写凡珠

ニコン Z 7II で京都を撮っています。しゃぼんだま、と読みます。

無題 #6

Untitled

銀杏の光沢ある質感と、その背後にある風景を両立させてみました。ピクチャーコントロールはスタンダードでアクティブDライティング以外のシャドウやハイライト等のパラメータはいじっていません。Capture One のサブスクは止めてしまって最近の RAW 現像はすっかり NX Studio 一本です。

朝の時間、太陽が低く斜光が差す状態で、さらに空が薄曇りだと雲がディフューザー代わりになって光がちょうどいい感じになりますね。冬の撮影の特典なので今のうちに撮っておかないと。まあ、春が来ても夏が来ても秋が来ても、今がええわーって撮ってる単純な人間なのですが。