写凡珠

平凡な日々に潜む珠をスナップ写真に収めたい。読みは「しゃぼんだま」。京都を中心に大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、二府四県全てLove。

何必館で「決定的瞬間 アンリ・カルティエ=ブレッソン展」を観てきた

京都の祇園四条通りには何必館(かひつかん)という外観からも印象的な美術館があります。

 気になりながらもこれまで行ったことがなかったのですが、有名なフランスの写真家アンリ・カルティエブレッソンの展示があるということで観てきました。

1950年代から60年代の作品が多いのですが、不思議と古さを感じさせない、絵として普遍的な美しさをもつ作品が多いのが印象的でした。

木村伊兵衛の写真展でも思ったのですが多分全部 50mm で撮ってるよね、と思って「ブレッソン 50mm」で検索したら想像通りだったので、俺は50mmの画角感が身に付いている!と、どうでもいいところで少し自慢に思ったのでした(笑)

何必館 アンリ・カルティエ=ブレッソン