写凡珠

ニコン Z6 と Z50 で京都を撮っています。しゃぼんだま、と読みます。

佇む

佇む

Capture NX-D で対岸の建物は黒潰れしないが枠となる橋梁は黒潰れするぐらいにトーンを調整しました。部分編集はしていないのですが若干、人工的な HDR な感じもしますね。明暗の激しい絵の場合、トーンで見せるとか見せないとかをコントロール出来るのですが、見える見えないが整理されてなくて、意図なく平等に黒く落ち込んでくれた方がかえってリアルな感じがしたりもするような気がして、これという答えがまだないです。