写凡珠

最近はニコン Z6 と Z50 の二台で主に京都を撮ってます。

富士フイルムXマウントからニコンZマウントに切り替えました

今、手元には以下のニコンの機材があります。そして富士フイルムXシリーズの機材はすべて手放しました。

STAY HOME の機会に、過去の写真を再現像して見直した結果、自分の撮影に必要な装備がどういうものか傾向が見えてきました。
一方で、手持ちの X シリーズの装備を見直してみると、35mm相当が(X100Fの内蔵レンズを含めて)二本、50mm相当が二本、小型機が二台、マクロが二本と同じ役割を担う装備が結構多いことに気づきました。
マウントを Z マウントへ切り替えるとともに、機材構成を整理することにしました。

他には、過去にニコンの D750 と Nikon1 J5 を使っていた時のニコン機に対する不満は、Z ではおおよそ解消されているように思えたので、それを自分で所有して確かめてみたかったという気持ちもありますね。

富士フイルムの名誉のために書いておくと、Xシリーズに対する不満はほとんどありませんでした。センサーサイズがどうしたこうした、というのも無いです。あえて言うならレンズのラインナップでF1.4とF2の単焦点レンズでどちらかを選ぶのが難しいところが不満だったかもしれません。これはむしろ選択肢が豊富な富士フイルムの商品構成の良さに由来するところでもあるのですが、今回、私の場合は、「ええい防塵防滴、解像度、ボケすべて揃った Z の S-Line f/1.8 単焦点シリーズに切り替えてしまえ!」と考えるきっかけになってしまいました。

とはいえ機材入れ替えというのは結構手間と時間がかかります。機材が欠けていたり、操作慣れしていなかったりすると撮影機会ロスの可能性もあります。既存の所有機材に不満があまり無いのに、全機材入れ替えという思い切ったことに踏み込んだのは STAY HOME で撮影機会が少なくなってロスを気にせずにすむようになったというのが大きいですね。(逆に言うと STAY HOME が無ければ多分 X を使い続けていたでしょうね。)

細かいところでは RAW 現像ソフトとして Capture One for Nikon が利用できるようになったのも背中を押してくれていると思います。RAW 現像ソフト、いろいろ使ってみましたがどうも Capture One が自分には合っているみたいです。

まだ STAY HOME が終わったわけではなく撮影機会が少なくなってしまったのは変わりないのですが、ニコン Z でもいろいろ撮ってこのブログで公開していけたらな、と思います。Z を使ってみてどうだったかはまた別の機会にご報告いたします。

Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z6 ボディ

Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z6 ボディ

  • 発売日: 2018/11/23
  • メディア: エレクトロニクス